不動産統計レポート

フロリダで不動産投資

By Yukiko Yamasaki 日本からアメリカへの不動産投資の情報を見ると、ほとんどが日本人も多いカリフォルニアとハワイで、その他はラスベガス、テキサスなどがよく挙がっています。もちろんそれぞれに魅力に富んだ場所です。外国からアメリカの不動産への投資もここ数年増加し続けており、実はその一番の投資先がフロリダ州なのです。その後に、カリフォルニア、テキサス、アリゾナと続き、この順番は長い間変わっていません。

タンパエリア不動産市場アップデート (2016年3月)

By Yukiko Yamasaki この時期のタンパエリアは日本で言えば、5月下旬から初夏にかけてのような天候で、気持ちの良いお天気が続いています。今は春休み(Spring Break)真っ最中で、全米、いや世界中から観光客が押し寄せています。仕事であちこちに行く日々ですが、海に囲まれた地域なのでどこに行くにも青い海を楽しみながら運転しています。写真は私が住んでいるSafety HarborからTampaの間にかかっている橋からの景色です。

タンパの家の値段っていくら位ですか?

By Yukiko Yamasaki 「タンパの家*の値段っていくらくらいですか?」とよく皆さんからたずねられる事があります。(*一戸建て) 最近でしたら「中間価格は17−18万ドルくらいです。」と答えるのですが、その後にどうしても色々説明したくなります。 今回は2014年10月の統計をもとにその「色々」を説明させて下さい。笑

最新タンパベイ不動産レポート(2014年4月分)

By Yukiko Yamasaki 来週はここタンパでSamurai Blueのワールドカップに備えてのキャンプ中の国際親善試合があります。来週月曜日の夜9時からというスケジュールですが、みんなで応援に行ってきます! すっかり夏の到来といった感じのタンパで、ほとんど晴れていることが多いのですが(サンシャインコースと言われる位です)暑さのため水蒸気がたまり 午後の後半になるとお決まりのにわか雨が降ります。 試合当日お天気がいいことを願っています。

不動産:なぜアメリカ?なぜフロリダ?

By Yukiko Yamasaki 不動産投資:なぜアメリカ? なぜフロリダ? 今回は「なぜアメリカの不動産が魅力的なのか?」「フロリダで家を持つ魅力はなにか?」という視点からお話ししたいと思います。 まず、アメリカという国には自他共に認める経済力、政治力、軍事力があります。不動産の値上がり率だけで見ると世界中のあちこちで不動産が高騰している国はありますが、それが一体どのくらい続くのか?不動産の入手は容易なのか?買った後の所有権はしっかりと守られるような政治体制なのか?などを考えると不安要素がある国が多いと思います。

最新タンパベイ不動産レポート(2013年11月分)

By Yukiko Yamasaki もう今年も後少しで終わり。あっという間の一年でしたが、皆さんはいかがでしたか? 私はフロリダ生活が今年でなんと20年になりますが、こんなに長くすんでいても、お正月の方が クリスマスより気になるのは日本人のメンタリティが根底にあるからではないかと思ったりします。 さて、数ヶ月お休みしましたが、11月分の不動産統計のレポートです。

最新タンパベイ不動産レポート(2013年8月分)

By Yukiko Yamasaki 10月に入り、ここタンパベイエリアもほんの少し秋が感じられるようになりました。 日中はまだ30度を超える真夏のような日々ですが、空に高くうろこ雲が出ているのをみると小さな秋を感じます。 10月に入ると夏の間は暑すぎてお休みだったファーマーズマーケットが再開したり、屋外のイベントも多くなります。10月は特にオクトーバーフェストで最近人気急上昇中の地ビール(クラフトビール)を楽しめる機会も多くなります。今月末にはハロウィーンがあるので、かわいいお化けの飾りや、結構グロい(笑)感じのものまで街に溢れています。

最新タンパベイ不動産レポート(2013年7月分)

By Yukiko Yamasaki 9月も中旬になりましたが、ここタンパベイはまだまだ夏です。 とはいえ、ここ3−4日ほど毎日のように降るスコールがありません。暑い暑いとは思っていても実際にはそーっと秋が忍び寄っているんでしょうね。 そういえば朝の散歩時も風が涼しくなりました。