タンパアパート タグ: , , , ,

タンパベイエリアでアパートを探す際に役立つ情報をまとめてみました。

この情報は会社が運営するような大型アパートコミュニティの物件が対象となります。

下宿・ルームシェアや戸建て物件などはあてはまりません。

 

 

1)場所探し

通勤や通学があるばあいは、目的地から近めの場所がいいと思うのはあたりまえですし、日本では駅に近いとか買い物に便利だという比重が大きいですが、基本的にタンパベイエリアでは車なしでは生活できないので(できたとしても非常に不便)、「歩いて行ける距離、自転車で行ける距離」などはプランから外しておいた方がよいです。それよりも、目的地から車で20-30分以内で、治安の良く環境の良さそうなところを選ぶことをお勧めします。

「車で何分、距離で何マイル/キロ」と言っても交通渋滞で時間も大幅に変わるので、ご自分が運転していそうな時間帯や曜日などにGoogle Mapで交通渋滞具合をチェックしたり、Street Viewでバーチャル散歩するのもお勧めです。

 

2)アパート探し

大体のエリアが決まったら「エリアの名前 + Apartment」で検索すると色々出てくると思います。100%ではないですが評価が良いところから当たってみると良いと思います。ほとんどのアパートがウェブサイトがありますので、そこから値段や間取り、詳細情報が見れるはずです。メルアドや電話番号記入が必要に場合があるかと思いますがこれは仕方ないです。

 

3)アパート内見

アパート内見のアポもオンラインから入れられる場合が多いです。電話やチャットという場合もあります。内見アポを入れる時や実際に見に行った時のスタッフの対応の感じ良さ、迅速さは非常に重要だと私は常々思っています。 というのも、そのアパートに住むことになったら、色々なことでアパート側とのやり取りの必要も出てくるので、アパート側の顔とも言えるアパートのリーシング(賃貸)オフィスのスタッフのクオリティが重要だと考えるからです。

アパートの内見はアパートコミュニティが広かったり、様々なアメニティ(プール、クラブハウス、郵便物エリア等等)がたくさんあったりで1時間近くかかることもあるので内見アポを取る際は時間の余裕を持って予定して下さい。広い敷地をゴルフカートに乗って回ることも多々あります。内見時のチェックポイントは共用部分(アメニティエリア、廊下、駐車場、植木など)がよく手入れされていて清潔かどうか。コミュニティの中を自分一人で気楽に散歩したりできそうか?などを念頭に置いて見てみると良いと思います。

 

4)エリアチェック

上記の大体の場所を選んだり、アパートを選んだりするときに出来れば実際にちょっと違う時間帯(平日と週末、昼間と夜など)に行ってみることで、より雰囲気が掴めると思います。

 

5)家賃

日本だとアパートの家賃はかっちり決まっているのが普通だと思いますが、アメリカの、この記事で対象にしているような大型アパートコミュニティの家賃は株価のように需要と供給で変動します。賃貸契約期間も12ヶ月だけでなく7〜15ヶ月など色々あります。リーシングオフィスの方で希望の部屋タイプなどを言ってどのユニット(部屋)を何月何日から入居希望という話し合いをすると見積もりをもらい、その見積価格が48時間有効というような提示をされます(詳細はそのアパートなどによって異なります)。同じユニットでも12ヶ月契約と7ヶ月契約ではかなり家賃が違うことも多々あります。同じ建物の中でも大きさや、内装によって値段が違います。

 

6)申し込みのタイミング

上記の見積もりをもらっても、実際の申し込み(Application)を入れて承認(Approval)がでて、保証金(Deposit)を払うまでは「押さえた」ことになりません。申し込みはほとんどの場合アパートのウェブサイトからオンラインで申し込むことになるので、他の人が先に手続きをしてしまったら、数時間違いでも手遅れということもあります。

 

7)アパート探しを始める時期

ほとんどの人気アパートにはあまり空き部屋がありません。現在借りている人が更新するか退去するかをアパート側に知らせる期限が賃貸契約終了60日前までとなっている場合が多いので、その辺りからどの部屋が空くかの情報がアパート側に入ります。現在空室物件があることもあるので、即時入居できる物件から数ヶ月後に空く物件まで様々です。反対に即日入居できる物件をアパート側は数ヶ月も家賃を払わずに押さえてはくれないので(せいぜい1ヶ月以下)、アパートを探し始めるタイミングは早くても2-3ヶ月前からでいいでしょう。

 

8)最後に

タンパベイのアパートの家賃は日本の大都市より高いです。その代わりに広さやアメニティは整っています。同じようなエリアで比べる場合、他のアパートに比べてオンラインの写真などでみると綺麗なのにかなり安い物件は「何か問題あり」と疑ってかかる方が良いでしょう。多くの場合は治安の良し悪しが家賃に関係します。治安は良くても都市部からかなり離れると値段が安めになるので、かなり郊外で静かに暮らすという選択肢もあります。

 

皆さんがタンパ生活を楽しめますように!

By Yukiko Yamasaki Block    Email: TampaRealtorYuki@gmail.com